遺品整理は,いつから始めたらいいか?最も最適な時期は?#ココロセイリ#口コミあり#ランキング画像あり|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

遺品整理は,いつから始めたらいいか?最も最適な時期は?#ココロセイリ#口コミあり#ランキング画像あり

2019/08/29

遺品整理は,いつから始めたらいいか?最も最適な時期は?

4d1266c4-2641-4085-883d-e6a5e1c6095c

家族、あるいは親族が亡くなった場合、悲しみに打ちひしがれながらも、残された家族などは葬儀や数々の手続きに終われる毎日になります。

また、故人の生活感がそのまま残る家の中で、たくさんの残されたモノと向き合わなければなりません。

遺品整理は、ある程度落ち着いたら必ず行う必要があるのでいつから始めたらいいか、その最適な時期をみていきましょう。

いつから始めたらいいか?時期は?

遺品整理に関しては、いつどの時期に、またどのくらいまでの期間で行わなければいけないという「決まり」は特にないようです。

ですから自分たちの状況判断で適切と思われる時期、タイミングを見計らって行うことになります。

 

亡くなって落ち着いてから

b48ab0a0-c5d9-4ab8-944c-8fb18982ecd2

もし、故人が賃貸に住んでいた場合は、契約の関係もあるので親族が近くにいるいないに関わらず、葬儀後にすぐ行う方が良いでしょう。

賃貸であるかないかに関わらず、死亡届け、電気、ガスなどの諸光熱費、さらには保険金にいたるまで書類上の手続きが数多くあり、落ち着く暇がないことでしょう。

ですから、多くの人の場合は、それらの諸手続きがひと通り終わった段階で、遺品整理に向き合うようです。

また、同居の場合なら徐々にということも可能ですが、遠方の場合は生ゴミ他、気になる点もあり、亡くなって落ち着いたタイミングで早めに行う方が良いでしょう。


三回忌/七回忌などの節目

11a56934-83c4-4070-9160-059780dfa326

通夜、告別式に次いで四十九日の法要は、大事なものとなっています。

そもそも四十九日とは、「この世に残っていた故人の魂も次の世に旅立つので、遺族も悲しんでばかりいないで自分達の生活にしっかり戻りましょう。」というものです。

四十九日では、まだ気持ち的に余裕もないのですが、三回忌や七回忌になると、集まる親族も当初より少なくなり、改めて故人に感謝し、思いを馳せます。

この頃になると落ち着いて遺品整理をしなくては、と言う気になるのかもしれませんし、こういった節目で行うのもいい機会だと言えるでしょう。

また遺族が集まるため、親族間で遺品整理の始め方や時期について話し合いをすることがあるかもしれませんし、遺品整理に合わせて形見分けをすることができます。

相続した不動産の売却前

2410eb49-f7ba-46be-b43f-61518c077d8e

もし、不動産を相続で受け取った場合においては、受け取った不動産が相続税の非課税額を超えていた場合、相続申告書を作成し、税務署に提出する必要があります。

相続税の申告書の作成や提出は相続者自身で行うことも可能ですが、手続き複雑なため、専門知識を持った税理士などに依頼することができます。

不動産の相続と相続税の知識(4800万以上の相続には税金がかかります!)

※あさとち不動産コラムより引用

さらに相続手続きだけでなく家財処分についてや、相続した不動産の相談についても弊社ココロセイリでは、承っております。

相続した不動産を売却するようになった場合には、事前に遺品整理をしてきれいにしておく必要があります。

 

始める前の準備

mv

高齢でお亡くなりになった方は、割合「もったいない」う気持ちで日頃から物を捨てられず、あれもこれもと多くの遺品が残されていることが多いです。

そのような場合は、スケジュールを事前に組んでおき、片付けに必要なビニール^袋やゴミ袋を準備しておきましょう。

写真や想い出の品を発見するたび、作業中でも涙が止まらなくなり整理が進まないこともあるので、遠方に住んでいて作業時間が限られている場合は注意が必要となるでしょう。

全てを遺品業者に依頼する場合はこの限りではありませんが、どちらにしても計画的に行うようにしましょう。

大切な物を再確認

4d6f05d9-eaaf-4ae7-bb42-d81038578cc6

本来は、生前から重要なものがどこにあるかを聞いておくのがいいのですが、なかなかそうできない現実もあります。

故人にとって、又遺族にとって必要となるものをリストアップしてみます。

下記は考えられるものであり、もちろん、遺言書他ない方もいらっしゃいます。

 

●遺言書

●エンディングノート

●通帳、印鑑

●年金手帳

●宝石などの貴金属

●土地の権利書

●保険、証券証書

●住所録

●診察券、保険証、お薬手帳、薬(その頃の状況把握)

●眼鏡や爪切りなど生活でよく使ったもの(遺品のひとつ

 

供養してほしいもののリストアップ

故人が大事にしてきた品物や、神具・仏具、お守り、人形など、遺品にはそれぞれの想いもあり、取捨選定するのは、遺族にとって迷いが生じたりもします。

ですが、遺品整理の際に供養してくれる業者に依頼することで、残された遺族も,ゴミとして処分するわけではないので心穏やかに対応できることでしょう。

供養してほしいものは事前にリストアップしておくと慌てなくて済みます

また、遺品の中には買い取ってもらえるものもあるでしょうから、遺品整理士と査定キャリア豊富な古物鑑定士が在籍しているところの業者に遺品整理を依頼すれば、買取もしてもらえます。

a8902f0f-f544-4be5-a1e7-4ef6fa235e1f 

供養してほしいものは、下記のようなものが挙げられるかもしれません。

●自分の思い出の品、写真、先代の遺品、日記

●仏壇・仏具、神具、お守り

●人形、書物、絵画

●寝具、衣類、和服

●保管してあった弔電・香典袋等

●鏡台、経机

心の準備

02efb3f1-b3f5-4704-8c67-c791d416a2bf

この服はお母さんがよく着ていた、この眼鏡はお父さんがいつも身に付けていたなど、故人と見えない絆でつながっているように感じる遺品だけではなく、そのほかにも多くの遺品があることでしょう。

ですが、どこかで整理をつけなければいけません。

故人も、早くご遺族の方々が通常の日々に戻られることを希望されているはずなので、同居されていた場合であっても、遠方であった場合には特に、気持ちや、心ある整理や供養をしてくれる遺品整理業者に依頼されることをおススメ致します。

遺品整理をされる場合は、事前に心の準備をされておいてくださいね。

まとめ

24777309-1d82-4a04-ab83-df68f95ba6e5

遺品整理はいつからとか時期や始め方が決まっているわけではありません。

ですから慣例や第三者の意見に惑わされず、残された遺族の気持ちやそれぞれの事情を考えて、決めるのが良いでしょう。

 

また遺品整理/生前整理/ゴミ屋敷/不動産売買前/高齢者施設への移動や空き家整理など弊社ココロセイリは全てのお片付けに対応しています。日本一正直であり、お客様にとって安心・安全をモットーに、心を込めた対応を心掛けておりますので、どんな些細なお悩みや疑問も0120923469までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

株式会社 ココロセイリ

タップすればHPに戻れます※

mv

【遺品整理/生前整理】おすすめ遺品整理業者の特徴5選#

 

 

 

【Google/Yahoo!で遺品整理関連ワードでランキング1位をいただくことができました!】

2019年 当社リサーチとなります。

 

2ba7ff6d-3787-4bd5-b618-c9d319627b62

044965e9-c76a-43db-9b60-6bad7cad4896

 

 

【お客様から頂いた口コミ】

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます★

弊社のサービスをご利用下さった皆様から口コミをいただきました。

色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

6342d551-550c-4389-8b42-32c1dfc2ac6d3144cdb0-74e1-4be5-93fc-1db74e55841d33a75d04-7b42-4fc5-8996-382cfecafd23

【お客様の声】

優良企業認定証書

H30年度感謝状授与

image2

ウェブCM