遺品整理の仏壇処分まとめ|費用相場や宗教品を扱う注意点を解説|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

遺品整理の仏壇処分まとめ|費用相場や宗教品を扱う注意点を解説

2022/05/02

遺品整理の仏壇処分まとめ|費用相場や宗教品を扱う注意点を解説

遺品の中でも処分に悩むのが仏壇などの宗教品ですよね。処分方法が分からず放置している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は仏壇を処分する4つの方法やそれぞれの費用相場をご紹介します。仏壇処分の注意点もまとめているので、遺品整理の参考にしてください。

遺品整理で仏壇を処分する方法とは

遺品整理で仏壇を処分する方法とは
遺品整理の中でも扱い方が難しい仏壇などの宗教品。継承者がいれば問題ありませんが、家庭の事情によっては継承者がおらず仏壇を処分しなければなりません。

仏壇はご先祖様の魂が宿るとも言われ、処分に気が引ける方も多いでしょう。故人の想いを尊重しつつ、処分できる方法をご紹介します。

①お寺でご供養してもらう

菩提寺(ぼだいじ)と呼ばれる、先祖代々のお墓があるお寺やこれまでお世話になってきたお寺でご供養してもらう方が多いです。日頃からお付き合いのあるお寺であれば、ご供養や処分も依頼しやすいというメリットがあります。

また、仏壇処分の方法としては古くから行われてきた方法のため、年配の方でも納得して処分できるでしょう。

しかし最近ではお寺とのお付き合いが減っていて、菩提寺(ぼだいじ)がない方も多いと聞きます。お付き合いのないお寺に依頼しても良いですが、宗派が異なると断られることもありハードルの高さが伺えます。菩提寺がない方は次の方法を検討してください。

②仏具店に問い合わせる

仏具店では仏壇や仏具の販売に加え、古い仏壇の引取や買取サービスを実施している店舗があります。

中にはご供養から処分までを一貫して依頼できるお店があるため便利ではありますが、仏具店によって費用が大きく異なります。そのため相談するまで見積もり価格が読めないというデメリットも。

仏具店への問い合わせは、処分ではなく新しく仏壇を買い替えるときが良いでしょう。買い替えであれば無料で古い仏壇を引き取ってくれるケースがほとんどです。

③業者に依頼する

近年一般的になってきた仏壇処分の方法が、遺品整理の専門業者に依頼するという方法です。仏壇を含めた全ての遺品整理を任せられるため、遺族の負担を減らし素早く遺品整理を完了できます。

業者によってはご供養まで対応しておらず、処分のみになる場合もあるので注意しましょう。仏壇はご先祖様の魂が入った大切な物ですので、ご供養をして魂を抜き、ただの箱へと戻す必要があります。

ココロセイリでは遺品整理に加え、仏壇等の魂抜きまで対応しています。合同供養であれば無料ですので、ぜひお任せください。

ご相談はこちら

④粗大ゴミとして処分する

自治体によっては仏壇を粗大ゴミとして処分することができます。抵抗がなければこちらの方法でも大丈夫でしょう。

しかし、少しでも気が引ける・ご近所さんの目が気になるなどの場合は、粗大ゴミ以外の方法で処分することをおすすめします。仏壇は故人が大切にしていた物でもあるので、ご供養するのが望ましいです。

仏壇処分の費用相場まとめ

仏壇処分の費用相場まとめ
お寺で仏壇を処分する際はお布施という形で金額を支払います。明確に決められているわけではありませんが、相場は5万円~です。

仏具店の場合は金額がお店によって大きく異なるため、3万円〜ほど見積もっておくと良いでしょう。

なるべく安く抑えたい場合は、粗大ゴミとして処分する方法が向いています。どの地域でも1,000円前後での回収が可能です。

また、遺品整理業者であれば、遺品の整理代に仏壇処分の金額が含まれています。部屋の広さによって金額が変わりますが、1Kであれば5万円〜が相場です。遺品整理の全てを任せられることを考えると、この相場は安いと言えるでしょう。

弊社では基本料金の中に、仏壇等の合同供養や搬出後の清掃費も含まれています。分かりやすい料金設定ですので、遺品整理と仏壇処分を同時に依頼したいと検討している方はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

仏壇処分の注意点とは

仏壇処分の注意点とは
仏壇は処分の前に確認しておくべき項目がいくつかあります。処分してから後悔することのないよう、注意点を解説します。

処分前の「閉眼法要」を忘れずに

閉眼法要(へいげんほうよう)とは、仏壇から魂を抜く儀式のこと。魂抜きやお性根抜きとも呼ばれます。

仏壇を新しく購入する際、開眼法要と呼ばれる魂を宿す儀式を行います。そのため閉眼法要を行わずに仏壇を処分することは、ご先祖様の魂を捨てるのと同じです。処分前に閉眼法要を行い、魂を抜いてもらいましょう。

仏壇の中身を確認する

仏壇は収納場所が多く、貴重品を保存していることも珍しくありません。故人の通帳や印鑑、大切にしていた高価な宝飾品などが入っている可能性があるため、処分の前に必ず確認しましょう。

仏具・遺影の処理方法も確認

仏壇だけではなく、礼拝で使用していた仏具や遺影も処分しなければなりません。

馴染みのない方は仏具の使い方や意味が分からず、適当に処分してしまうこともあるでしょう。しかし、仏具や遺影は仏壇と同じく魂が宿ると言われています。これらも一緒に閉眼法要を行い、魂を抜いてから処分してください。

遺品整理で宗教品の処分に迷ったら専門業者へ

仏壇の他にも神棚や数珠といった宗教品の処分に悩んだ際は、遺品整理の専門業者へ依頼するのが最もおすすめです。

お部屋の整理や仕分けまで任せられるため、遺品整理を短時間で済ませられます。また、ご供養を行うのは仏壇だけではありません。故人が写っている写真や愛用品など、大切にしていた物は全てご供養をするのが良いでしょう。

弊社であればご供養したい遺品を全てお預かりし、提携寺院での合同供養が行えます。遺品の整理に悩んだらまずはお問い合わせください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

遺品整理に供養は必要?ご供養のタイミングや方法・相場まとめ

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町