遺品整理の個人情報処理|デジタル遺品はどうする?手続き方法や流れを解説|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

遺品整理の個人情報処理|デジタル遺品はどうする?手続き方法や流れを解説

2022/04/27

遺品整理の個人情報処理|デジタル遺品はどうする?手続き方法や流れを解説

遺品整理の中でも特に重要なのが「個人情報の処理」です。故人の個人情報が流出すると詐欺などのトラブルが起こる可能性があり、慎重に行わなければなりません。

しかし、個人情報の処理は専門的な知識がないと難しい手続きが多く、負担に感じている遺族も多いでしょう。そこで今回の記事では、個人情報処理を行う理由や処理の流れを詳しく解説します。

遺品整理での個人情報処理が大切な理由

2

遺品整理で個人情報処理を怠ると次のリスクが考えられます。

ここがポイント!
  • 詐欺や悪用の危険性
  • 遺産相続が行えないことも
  • 有料サービス等の引き落としが続く

まずはなぜこれらのトラブルが起こるのかについて解説します。

詐欺や悪用の危険性がある

個人情報が流出することで、遺族が詐欺に遭う可能性があります。故人の情報から遺族へ連絡先を調べ、架空請求など高額な支払いを求められるケースが増えています。

以下の手口は個人情報の流出により実際に起こった詐欺被害です。次のような事態は詐欺の可能性があるため注意しましょう。

下記の場合は注意!
  • 故人に借金があると返済を求められる
  • 生前に注文した商品があると代金引換で届けられる
  • 依頼した覚えのない霊園や墓石業者から支払いの連絡がくる

故人が亡くなった直後は慌ただしく、心に余裕がない方がほとんど。正常な判断ができず詐欺に巻き込まれやすいため、個人情報の処理は早めに行い詐欺に遭わないよう気を付けましょう。

関連記事

遺品整理の悪徳業者とは|トラブル事例や特徴・見分け方まとめ

遺産相続が行えない

遺産相続の前に、まずは故人の銀行・証券・FX口座などを確認します。その後に口座を停止し相続手続きを行うため、金融関連の個人情報処理と遺産相続はセットで考えておくと良いでしょう。

遺産相続は、相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内に行うと定められています。しかし、相続放棄や限定承認は3ヶ月以内と定められているため、早めに確認すると安心です。

自動引き落としが継続される

月額制などの有料サービスは解約手続きを行わないと請求が継続されます。余分な請求を防ぐためにも、故人のスマートフォンやパソコンからサービスを調べ、一つずつ解約を行いましょう。

処理すべき遺品一覧

あくまで一例ですが、処理すべき遺品は以下の通りです。

処理が必須な遺品例
  • マイナンバーカード
  • 免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • クレジットカード
  • 通帳
  • パソコン、スマートフォンの中身

個人が特定される情報は全て処分します。続いては処理の流れを見ていきましょう。

遺品整理での個人情報処理の流れを解説

1

個人情報の処理は市区町村役場や警察署など、各情報によって手続きする機関が異なります。ここからは処理の順番や流れを解説します。

①公的書類をまとめて返却

公的書類は全てまとめてから返済するとスムーズです。マイナンバーカードは市区町村役場、免許証は警察署、保険証は年金事務所へ返却します。

②クレジットカードなどの解約手続き

クレジットカードや銀行口座は各種窓口へ問い合わせ、解約の手続きを行います。こちらは遺産に関係する部分なので、公的書類の処理が終わればすぐに取り掛かると良いでしょう。

ネット口座やネット証券はデジタル遺品にも該当しますが、金融関係は一緒に処理しておくと手続きを進めやすいです。

全ての手続きを済ませ、カードを返却すれば解約が完了します。

③デジタル遺品のデータを削除

個人情報処理の中で相談が急増しているのが、「デジタル遺品」の整理です。デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォンの中に保存されたデータを指します。

実はデジタル遺品も放置すると個人情報が流出し、悪用される可能性があるため要注意です。初期化するだけでは不十分で、故人が利用していた有料サービスやSNSも確認してください。

自動引き落としになっているサービスは全て解約処理を行いましょう。SNSは個人情報が記載されている場合も多く、放置するとアカウントのなりすまし等のトラブルが考えられます。サービスによっては遺族が申請すれば、追悼アカウントとして残すことも可能です。アカウントの削除、もしくは追悼用に移行し情報を処理しましょう。

ただし、デジタル遺品の中には故人が見られたくないものが残っていることも。思い出として全データのバックアップを取ることもできますが、本当に故人が望んでいるのかを一度考えてから行ってください。

④難しい場合は業者へ依頼しましょう

遺品整理と同時に個人情報処理を進めるのは体力・精神的疲労を感じる方も多いです。特に個人情報処理は専門的知識がないと手続きに時間がかかり、ストレスを感じることもあるでしょう。

その場合は業者への依頼がおすすめです。専門知識があるため全てを任せられ、遺族の負担を最小限に抑えられます。万が一故人のパソコン・スマートフォンのパスワードが解除できない場合も相談が可能です。弊社では専門家の紹介も承っているので、お困りの際はぜひご相談ください。

ご相談はこちら

まとめ

遺品整理と並行して進めなければならない個人情報の処理。正しく処理しないと詐欺や悪用のリスクがあり、自分で行うのは不安という方も多いでしょう。

遺品整理の専門業者に依頼すれば確実かつスムーズに処理が行えます。弊社は個人情報だけでなく遺品に関することなら何でも相談できるので、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

団地(市営・都営・UR賃貸・公団)の遺品整理は大変?原状回復や遺品買取を楽にする方法とは

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町