遺品整理は相続人が行うべき?相続放棄やトラブルの防止についても解説|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

遺品整理は相続人が行うべき?相続放棄やトラブルの防止についても解説

2022/05/11

遺品整理は相続人が行うべき?相続放棄やトラブルの防止についても解説
遺品整理をしたいけれど、誰が行えば良いのか分からずお困りの方も多いのではないでしょうか。一般的には相続人が行うのが良いとされていますが、相続放棄をした場合は手順が全く異なります。

今回は遺品整理と相続について、詳しく解説します。遺族間のトラブルを防ぐ方法についても述べているので、ぜひご参考ください。

遺品はどこまでが相続財産?

遺品はどこまでが相続財産?
遺品とは、生前に故人が持っていた物全てを指します。物として残る遺品だけでなく、ネットバンクや仮想通貨、スマホのデータなども遺品として扱います。

一方で相続財産とは、「故人が所有していた全ての財産」を指します。貯金だけでなく不動産の所有や車、有価証券、貴金属など換金価値がある物は全て相続財産です。また、相続財産はプラスの財産ではなく、故人の借金などマイナスの財産も含まれます。

遺品の中には換金価値のある物も多く、共同相続人がいる場合はどの遺品を誰に継承するのかを全て決めなければなりません。遺品整理を早めに行うことで相続に関する手続きを進めやすいので、可能な限り早く片付けるのが良いでしょう。

形見分けを行う場合も

形見分けとは故人の遺品を親族や友人などへ形見として分けることです。基本的には財産価値がほとんどない物を分けるのですが、場合によっては財産価値のある物を形見分けすることもあり注意が必要です。

高価な着物やアクセサリーは形見として継承したい物ですが、財産価値があるため相続財産に分類されます。これらは共同相続人との遺産分割協議を行い、全員の承認を得てから形見分けを行いましょう。相続財産を勝手に形見として分けることは、大きなトラブルを招きかねないので注意してください。

遺品整理は相続人が行うべき理由とは

遺品整理は相続人が行うべき理由とは
遺品整理は原則として相続人が行うことになっています。共同相続の場合も誰かに任せるのではなく、全員で整理するのが理想です。

相続人が1人や高齢の場合は、遺品整理が難しく遺族や友人のサポートを求めることもあるでしょう。しかし、遺品整理を相続人が行うのは責任感の話だけではなく、金銭トラブルの防止に繋がります。

円滑に遺品整理を進めるためにも、相続人もしくは業者の手を借りて整理を行うのが望ましいです。ここからは遺品整理でのトラブル事例とともに解説します。

窃盗などのトラブル防止

残念なことに遺品整理のトラブルとして多いのが、故人の遺品を勝手に持ち帰るなどのトラブルです。相続人以外が勝手に遺品を持ち帰るのは「窃盗」に値するため、絶対にしてはいけません。

遺品整理は部屋の数が多いほど管理が大変です。手分けして行うと遺品の窃盗に気付かないこともあるので、必ず相続人のみで行いましょう。

遺産分割によるトラブル防止

故人が高価な時計やアクセサリーを隠して保管している場合も多く、遺品整理中に相続人が把握していなかった相続財産が見つかることがあります。共同相続の場合は誰に相続するのかを検討しなければなりません。

共同相続は全員で遺品整理を行わないと、相続財産を勝手に自分の物へするなどのトラブルが考えられます。また、遺品整理に参加していない共同相続人から「あの遺品を隠しているはず」など疑いの目をかけられ、トラブルに発展することも。

余計な争いを生まないためにも、相続人全員で遺品整理を行い相続財産を明確にしましょう。

大変な場合は業者へ依頼を

トラブルを防ぐためとは言え、相続人のみでの遺品整理が現実的ではない場合も多いでしょう。その際は他の遺族などに依頼するのではなく、遺品整理の専門業者へ依頼することをおすすめします。

ココロセイリでは遺品一点一点をお客様に確認しながら仕分けを行います。思わぬ相続財産の発見や大切な書類・貴重品の探索にも役立ちますのでぜひご相談ください。形見分けの梱包・手続きまで無料で承ります。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の悪徳業者とは|トラブル事例や特徴・見分け方まとめ

相続放棄人は遺品整理をしてはいけない!

相続放棄人は遺品整理をしてはいけない!
故人の財産がマイナスの場合は、故人の権利や義務を一切継承しない「相続放棄」が可能です。

相続放棄した場合は遺品整理を行わず、そのままの状態にしてください。財産価値のある遺品を処分すると、遺産相続をしたとみなされる可能性があります。

財産価値がない物であれば、遺品整理をしても構いません。相続放棄をしても形見分けは行えるので、多くの遺族がこの方法を選びます。

しかし、素人ではどの遺品に財産価値がある・ないと見分けるのは困難でしょう。誤って財産価値のある遺品を形見分けしないためにも、遺品整理の専門業者への依頼が安心です。

遺品を処分してしまったらどうなる?

第三者から見て明らかに財産価値のない物であれば処分しても問題ありません。例えば写真や手紙、日用品などは整理しても大丈夫です。

しかし、財産価値のある物を処分した場合は相続放棄が行えません。相続放棄の手続きを行っていても無効となるので、むやみに遺品を整理しないよう気を付けてください。

相続放棄したときの遺品整理の方法

故人が賃貸に住んでいた場合は、大家さんに処分してもらうのが一般的です。

持ち家の場合は相続財産管理人を選任し、遺品整理を任せます。相続財産管理人の選任には数十万円の費用がかかるので、事前にしっかりと調べてから行いましょう。

まとめ

遺品整理と相続は非常に密接な関係です。相続の有無によって整理して良い範囲が異なるので注意してください。

遺品の中には財産価値のある物も紛れていて、判断が難しいこともあるでしょう。遺品整理に熟知した業者へ任せるのが安心ですので、お困りの際はぜひココロセイリまでお問い合わせください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

遺品整理に疲れた!整理のポイントや気持ちを楽にするポイントとは

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町