終活はいつから・何歳から?40代・50代・おひとりさまのタイミングを解説|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

終活はいつから・何歳から?40代・50代・おひとりさまのタイミングを解説

2022/07/21

終活はいつから・何歳から?40代・50代・おひとりさまのタイミングを解説
人生の終わりに向けて活動する終活ですが、「いつから始めるの?」「終活は何歳から?」とタイミングに悩んでいる方も多いでしょう。

決まりはないと分かっていても、ある程度の指標があると手をつけやすいものです。今回は終活を始める時期についてご紹介します。

終活はいつから・何歳からするべき?

終活はいつから・何歳からするべき?
終活を始めるタイミングに決まりはありませんが、一般的には60代・70代前後で始める方が多いです。

最近では20代など若いうちから終活を定期的に行う方も増えていますが、何度もするのは面倒と感じるなら第二の人生が始まる60代・70代頃が良いでしょう。

また、あまり遅い年齢で終活をスタートさせると、認知症が始まっていたり体力がなくなっていたりなどの状況が考えられます。ご自身の健康も考えた上で、体が元気なうちに行うと安心です。

関連記事

終活の身辺整理とは|やるべきこと&メリットを紹介

40代の終活はまだ早い?

人の死は突然なもの。万が一の場合に備えて40代など若いうちからの終活を検討する方も多いでしょう。

40代はまだまだご家族やご友人も若く、もし今亡くなると不安や心残りが大きいと考えられます。本格的な終活は必要ないかもしれませんが、エンディングノートを作成しておくなど周りの方へ向けたメッセージがあると良いかもしれません。

40代で終活をした方は、50代・60代と定期的に終活を続けるのをおすすめします。年齢によっても死への意識が変わるので、終活を更新していくと安心して最期を迎えられるでしょう。

50代から始めてもいい?

終活は50代から始めても問題ありません。

50代はお子様がご結婚されるなど、人生の節目を迎える方が多いタイミングです。そういった節目で終活をされる方も増えています。

終活を始めるタイミングとは

終活を始めるタイミングとは
終活は年齢を基準にするのではなく、人生のターニングポイントで行う方も多いです。

ここからは終活を意識する瞬間をまとめました。ぜひこちらのタイミングも参考にしてください。

定年退職を迎えたとき

定年退職を迎えた後は「第二の人生」とも比喩されるほど、これまでと生活スタイルが大きく異なります。時間にも余裕ができるため、これを機に終活を始める方が非常に多いです。

仕事で使っていたものを誰かに譲る・今までできていなかった趣味に没頭するなども終活と言えます。定年退職後の自由な時間を活用して、今後の人生を考えてみるのはいかがでしょうか。

大切な人が亡くなったとき

ご両親や配偶者、ご友人など大切な人が亡くなったとき、自分の死も意識し始めるものです。その思いをきっかけに終活を始めるのもおすすめです。

病気を患ったとき

病気を患ったときも死を意識するきっかけとなるでしょう。大きな病気でなくても進行する前に終活を始めておけば、悔いのない人生を送ることができます。

子供や孫ができたとき

子供や孫が生まれた瞬間は、人生の中でも大きなターニングポイントです。そんなご家族に向け、終活を通してメッセージや遺産などを残しておくのも良いでしょう。

思い立ったタイミングで

特に決まりのない終活だからこそ、ご自身が「やりたい」と思い立ったタイミングで行うのが1番です。

ご紹介した年齢やタイミングの他にも様々な瞬間に人生の最期を考えるようになるので、ぜひそのときに終活を始めてみてください。

親の終活はいつから?

親の終活はいつから?
面と向かって伝えるのは難しいですが、親にもしものときの準備をしていて欲しいと感じている方も多いでしょう。

特に親と離れて暮らしている場合は、各種書類の場所などが分からず遺品整理に苦労したというお声も多く聞きます。

もし病気になったときの話などを親子で始め、終活の中でも比較的ライトなエンディングノートの作成へ繋げるのがおすすめです。最近では親子で一緒に終活を始める方も増えているため、まずは自分が始めてみるのも良いでしょう。

ただし、無理に終活を進めるのはハラスメントとも言えるため絶対にしてはいけません。あくまでも軽く提案する程度の気持ちで話し合ってみてください。

おひとりさまの終活はどうする?

単身世帯が増える現代では、死に対して大きな不安を抱えている方も多いと聞きます。終活は他人のために行うイメージがあるかもしれませんが、「自分の残りの人生」のためにする活動です。

むしろ終活をすることは、おひとりさまにとって安心とも言えます。貴重品や連絡先をまとめておけば、万が一のことがあった場合も誰かに対応してもらいやすいです。他にも急な入院に備え、着替えや費用を一まとめにしておくと良いでしょう。

終活のご相談はココロセイリまでお問い合せください

終活は60代・70代で行う方が多い活動ですが、40代など若いうちから手をつけて損はありません。終活で自分の人生を整理することで、より豊かな人生を送るきっかけにもなるでしょう。

また、終活での生前整理でお困りの方は業者への依頼もおすすめです。荷物が多い・自分での作業は大変などの方はぜひココロセイリまでご相談ください。様々な現場を対応してきたプロの整理士がお手伝いさせて頂きます。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

団地(市営・都営・UR賃貸・公団)の遺品整理は大変?原状回復や遺品買取を楽にする方法とは

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町