遺品整理に供養は必要?ご供養のタイミングや方法・相場まとめ|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

遺品整理に供養は必要?ご供養のタイミングや方法・相場まとめ

2022/04/22

遺品整理に供養は必要?ご供養のタイミングや方法・相場まとめ

遺品の整理を進めると、故人の思い入れが深いものが多く中々処分できないということも多いでしょう。処分による精神的な疲れを減らすためにも、遺品はご供養してから手放すのが一般的です。今回は遺品供養のタイミングや方法、相場を解説します。

遺品供養を行う理由

遺品には故人の魂が宿っていると言われ、ご供養して手放すのが良いとされています。

特に故人が大切にしていたものや、遺族との思い出に残るものは処分に困る場合も多いでしょう。遺品整理の際にご供養することで、遺族の気持ちが楽になるというメリットもあります。

日本では遺品を処分する際に、ご供養するのが一般的です。遺品には故人の魂が宿っているため、そのまま処分するのは魂を捨てるのと同じと考えられます。遺品をご供養して魂を抜くことで「物」に戻り、処分することができるのです。

遺品整理と供養のタイミングとは

遺品整理と供養のタイミングとは
遺品整理と遺品供養は同じタイミングで行われることが多いです。故人の心残りがないよう、四十九日の間に済ませるのが良いとされています。

しかし、明確な期日はなくご供養したいと感じたタイミングで良いでしょう。「ずっと持っていた遺品を供養したい」と数年越しに行う場面も珍しくありません。

また、故人が持っていたもの全てをご供養するわけではなく、遺品整理の中でご供養するもの・しないものに分類します。ここからは分類するときのポイントを確認していきましょう。

ご供養すべきもの

生前に故人が大切にしていたものをご供養するのが良いでしょう。一般的には仏壇など宗教にまつわるものや写真、寝具、日記などを供養します。

特に写真や日記は思い入れが強く、処分に困っている遺族も多いのでは。ご供養することで罪悪感なく遺品整理を行えます。

また、眼鏡や衣類など常に身につけていたものは故人を表すといっても過言ではありません。これらも遺品供養することで故人の魂が天に還るでしょう。

ご供養できないもの

基本的にはご供養できないものはありません。遺品を焼却してご供養する場合は物が限られますが、魂抜きという方法を選べばどの遺品もご供養できます。

しかし、中には遺品供養の必要がないものも。故人から生前に譲り受けたものや、「残してほしい」と頼まれたものは置いておくことをおすすめします。

遺品は全てをご供養するのではなく、思い出として残しておくことも大切です。無理にすべてを手放す必要はありませんので、整理をしながら残す・残さないの判断を行いましょう。

遺品供養の方法・相場まとめ

遺品供養の方法・相場まとめ
ご供養は遺族が神社仏閣に遺品を持ち込むのが一般的でしたが、近年では専門業者に依頼する方法が主流となってきています。それぞれの詳しい方法や相場について解説します。

神社仏閣に依頼する

ご供養は古くから寺院や神社で「合同供養」という方法で行われてきました。自ら遺品を持ち込み、他の人の遺品と一緒に魂抜きをしてもらいます。

合同供養の相場は5,000円前後。費用がかからないのが魅力ではある反面、遺品を運ぶ手間や他者と合同である部分がデメリットとも言えます。

中には自宅に僧侶を招く「個別供養」を行える場合もあります。こちらは費用が倍近くなりますが、個別で行えるため遺族が心の整理もしやすいでしょう。

遺品整理の専門業者に依頼する

遺品整理や遺品供養は、専門業者に依頼するという手もあります。故人がなくなってからすぐ遺品を整理するのは、精神的・体力的ともに辛く体調を崩してしまう方も少なくはありません。

専門業者に任せることで神社仏閣への連絡や手配を行わずに、遺品の整理・供養を同時に進められます。

業者へ遺品供養を任せる場合の相場は2万円前後です。弊社では遺品整理と同時依頼で、合同供養を無料で承っています。お塩・清酒・精米を撒いてからお経を唱え、遺品から故人の魂を鎮めて抜き取る「魂抜き」という方法を行います。遺品整理・供養にお困りの方はぜひご相談ください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の悪徳業者とは|トラブル事例や特徴・見分け方まとめ

自分でご供養をする

遺品を自分でご供養をするという方法もあります。

魂抜きは僧侶へお願いするのが基本です。そのため、自分でご供養する際はお焚き上げという方法になるでしょう。しかし、お焚き上げは遺品を燃やして天に還すという方法。環境問題や火事の危険も懸念されるため、自分での遺品供養はおすすめできません。安全のためにも神社仏閣や専門業者へ依頼するようにしてください。

まとめ

遺品の供養は故人の魂や想いを天に還すだけでなく、残された遺族や友人の気持ちの整理にも繋がります。しかし遺品整理は処分の決断が難しく、供養も中々行えない方も多いです。それぞれのタイミングで大丈夫ですので、「遺品を供養したい」「遺品整理が疲れた」と感じたら、ぜひココロセイリにご相談ください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

遺品整理の仏壇処分まとめ|費用相場や宗教品を扱う注意点を解説

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町