生前整理とは|進め方&やることや費用・デメリット総まとめ|横浜・川崎・東京で遺品整理のプロがどこよりも安く丁寧にご対応致します。

生前整理とは|進め方&やることや費用・デメリット総まとめ

2022/05/17

生前整理とは|進め方&やることや費用・デメリット総まとめ
ここ数年で耳にするようになった「生前整理」という言葉。なんとなく意味は分かっているものの、メリットや行うタイミングなどは知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は生前整理の意味や進め方などを詳しく解説します。デメリットについても述べているので、生前整理を検討している方はご参考ください。

生前整理とは

生前整理とは
生前整理とは、生きているうちに自身の財産や所有物の整理を行うことです。「終活」の一つとも言える作業で、死後に遺族の負担を軽くするために行います。

故人が亡くなった後は法的手続きに加え、遺品整理が大変だったという話を聞くこともあるでしょう。生前整理はこれらの作業をスムーズに行える事前準備。万が一の場合に備えておくと、遺族の負担を最小限に減らせます。

さらに、遺族間の相続トラブルを防ぐのにも生前整理は役立ちます。財産リストを作成しておけば、遺産相続も揉めにくく穏便に完了できるでしょう。

30代・40代でも必要?

生前整理は高齢の方だけが行うのではありません。誰しも事故や病気で突然亡くなる可能性が考えられます。最悪の場合を想定して、30代や40代の方でも生前整理を行う方が増えています。

若い方の生前整理は「老前整理」とも呼ばれ、認知症や体を動かせない病気などを患う前に整理しておき、老後に備えるという意味もあります。

生前整理はただ死の準備をするのではなく、今の自分自身の財産や持ち物を把握し、いらないものを断捨離するのにも役立ちます。片付けの一環として定期的に行えば、万が一の場合も安心して遺族へ任せられるでしょう。

生前整理の進め方・やることまとめ

生前整理の進め方・やることまとめ
ここからは生前整理の進め方をご紹介します。所持品が多いほど作業量が増えますが、どれも大切な整理です。遺族のためにもぜひ行いましょう。

①財産リストの作成

生前整理の中でも重要な役割を担っているのが、「財産リスト」です。以下の項目をまとめておけば、遺産相続でかなり役立ちます。

・現金
・預貯金
・不動産
・証券
・動産(貴金属や車など)
・負債

財産リストに決まりはありませんが、相続財産としてみなされる高価なアクセサリーなど「換金価値のある物」までリスト化しておくと良いでしょう。

また、借金や負債がある場合も忘れずに。後々発覚しては遺族間のトラブルを招きかねません。必ず財産リストへ記載するようにしてください。

②必要・不要で分類

財産をピックアップした次は、身の回りの整理を行いましょう。

全てを処分しては生活ができないので、まずは必要・不要に分類します。すでに使う予定のない物は不要物として処分すれば、スッキリと整理できます。

ただし、中には使わないけど置いておきたい物もあるはず。そういった物は無理に捨てるのではなく、残しておきましょう。思い出まで処分する必要はないので、部屋の片付けに挑むくらいの気軽な気持ちで整理してみてください。

③貴重品を一カ所にまとめる

貴重品は自宅の中でも大切な場所に保管しているため、遺族が見つけるのに苦労するというお話もよく聞きます。印鑑・通帳・各種契約書などはバラバラの場所に保管するのではなく、一カ所にまとめるのがおすすめです。

とはいえ、あまりにも見える場所に保管するのは盗難などの可能性もあり危険です。貴重品の保管場所は遺書や財産リストに記載しておくと良いでしょう。

④デジタル機器の整理

遺族が行う遺品整理の中でも、処理に困ると言われている「デジタル遺品」。

スマホ内の写真データやSNSのアカウントは、決して亡くなった後でも見られたくないと思っている方も多いのではないでしょうか。写真データは定期的に整理をしたり、見られてもいい・見られたくないでフォルダ分けをし、エンディングノートに記載しておくと安心です。

また、SNSアカウントは死後に追悼アカウントとして残すこともできます。アカウントを削除したい・残したいなども検討し、文書に残しておきましょう。

関連記事

遺品整理の個人情報処理|デジタル遺品はどうする?手続き方法や流れを解説

⑤相続資産・生前贈与を検討

財産を誰に継承するのかまで考えておくと、より遺族のトラブルを予防できます。

さらに、生前贈与を行えば節税にも繋がるため実施する人が増えています。生前贈与とは、相続財産とみなされる物を先に誰かへ譲ること。年間100万円以下の贈与額であれば贈与税がかからないため、少しずつ譲れば節税になるのです。

しかし、状況によっては生前贈与の方が損をする可能性もあります。詳しくは専門家に相談すると良いでしょう。

⑥遺言書・エンディングノートの作成

最後に行いたいのが、遺言書・エンディングノートの作成です。

遺言書には法的効力があり、相続財産の分割など記載の通りに遺族は従わなければなりません。遺言書には必ず相続財産の処理について記入しなければならず、記入がない場合は遺言書と認められないので注意しましょう。

また、遺言書は決められた形式で書く必要があり、作成にも費用がかかります。これらをデメリットと感じる方も多いですが、法的効力があるのは大きなメリットでしょう。

一方でエンディングノートには法的効力がありません。書き方や内容に決まりはなく、遺族に伝えたいことや希望を自由に記載できます。しかし、それに従うかは遺族次第なので、あくまで遺族へのメッセージとして作成しましょう。

生前整理は専門業者への依頼もおすすめ

生前整理は専門業者への依頼もおすすめ
「所有物が多すぎて分類できない」「どれに財産価値があるのか分からない」など、生前整理をしたくても進まない方も多いですよね。

実は遺品整理だけでなく、生前整理のお手伝いができる専門業者も増えています。生前整理は専門的な知識がないと分からないことも多いです。業者へ依頼して簡単に終わらせるのも一つの手と言えるでしょう。

生前整理の費用はどれくらい?

整理を任せる範囲にもよりますが、5万円~依頼できる業者がほとんどです。

ココロセイリでは生前整理の際に、貴重品の買取なども実施しています。貴重な品でも世代の違いなどから、継承者がおらず処分してしまう方も多いです。そういった品を買取に出したいという要望も増えているので、ぜひご相談ください。

ご相談はこちら

どこまで任せられる?

業者によって差はありますが、必要・不要の整理を行い不要物の回収を行います。

しかし、中には行政への手続きサポートや買取サービスの実施、財産リスト作成のお手伝いなど細かな部分まで対応できる業者もいます。

弊社では可能な限り無料でサポートしております。中にはオプションとなるサービスもあるので、詳しくは無料相談にてお問い合わせください。

生前整理にデメリットはある?

生前整理は残された遺族への気遣いに加え、現在の自分の財産や持ち物を理解する良いきっかけとなります。

一方で、「必要な物まで処分した」などのトラブルがあるのも事実です。後悔のない生前整理を行うためにも、業者へ依頼するのが安心でしょう。

まとめ

今回は「生前整理」について解説しました。

万が一の場合に備え、身の回りを整理しておくことは大切です。遺族の負担が減るだけではなく、今後について考えるきっかけにもなるでしょう。

生前整理でお困りの際は業者への依頼もおすすめです。弊社では遺品整理のノウハウを活かした生前整理を行っています。お悩み相談にも真摯に向き合っておりますので、ぜひお問い合わせください。

ご相談はこちら

関連記事

遺品整理の費用相場まとめ!間取り別の料金や安くする方法とは?

遺品整理に供養は必要?ご供養のタイミングや方法・相場まとめ

お客様から頂いた口コミ

口コミを下さった皆様誠にありがとうございます。弊社のサービスをご利用下さった皆様から頂いた口コミを下記の画像をクリックするとご覧いただけます。色々なご意見をいただき、お客様からの声をしっかり会社の業務向上に繋げれるよう日々努めて参ります。

口コミへのバナー

対応エリア

対応エリア

神奈川

・横浜市・愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・横須賀市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市
・川崎市・清川村・相模湖町・相模原市・座間市・寒川町・城山町・逗子市・茅ヶ崎市・津久井町・中井町・二宮町
・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・藤野町・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町

東京

・青ヶ島村・昭島市・あきる野市・足立区・荒川区・板橋区・稲城市・江戸川区・青梅市・大田区・奥多摩町(西多摩郡)
・葛飾区・北区・清瀬市・国立市・江東区・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
・墨田区・世田谷区・目黒区・台東区・立川市・多摩市・中央区・調布市・千代田区・豊島区・中野区・西東京市・練馬区
・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市日の出町(西多摩郡)・福生市・文京区・町田市
・瑞穂町・三鷹市・港区・武蔵野市・武蔵村山市

千葉

・旭市・我孫子市・飯岡町・夷隅町・市川市・一宮町・市原市・印西市・印旛村・海上町・浦安市・大網白里町・大多喜町
・大原町・小見川町・御宿町・柏市・勝浦市・鎌ヶ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・栗源町・神崎町
・栄町・佐倉市・佐原市・山武町・酒々井町・芝山町・下総町・白子町・白浜町・白井市・袖ヶ浦市・大栄町・多古町・館山市
・千倉町・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富浦町・富里市・富山町・長柄町・流山市・習志野市・成田市
・成東町・野栄町・野田市・蓮沼村・干潟町・光町・富津市・船橋市・松尾町・松戸市・丸山町・岬町・三芳村・睦沢町
・本埜村・茂原市・八街市・八千代・市山田町・八日市場市・横芝町・四街道市・和田町

埼玉

・さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市
・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市
・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市
・北足立郡伊奈町・吹上町・入間郡大井町・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・都幾川村・玉川村
・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・両神村・東秩父村・児玉郡美里町・児玉町・神川町
・神泉村・上里町・大里町・江南町・妻沼町・岡部町・川本町・花園町・大里郡寄居町・北埼玉郡騎西町・南河原村・川里町
・北川辺町・大利根町・南埼玉郡宮代町・白岡町・菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・鷲宮町・杉戸町・松伏町・庄和町